ビーマーライトペン Caravan 北海道 その3

秋の恒例 北海道Caravan 3日目もセッションは夜なのでお昼間は自由☆  お天気も良かったのでウトロまで走りに行ったり、久々に斜里の友人に会ったりと、道東の海風にふかれエネルギーチャージ(^_^) オホーツクの海水でバイアル浄化 キラキラになります☆

屈斜路湖の畔にあるコタンの宿へ。いつも暖かく迎えてくださり、たった一人のためだけにでもアイヌ音楽演奏も❤ もう感激感涙なんです いつも(*^-^*)  そしてビーマーの光のエネルギーをすごく感じていただけるのがとても嬉しいです。

湖の畔で 景色がよくて でも ここはそれだけではない 何ともいえない 表現のしようがない 特別なエネルギーを感じるところです。それは ただその土地のエネルギー  だけではなく ・・たとえば 建物の周りのこの緑の芝生・・・と思いきや 芝生ではなく キレイに刈り込まれたその土地にそもそも生えてる草木なんです・・長年刈り込んでいけば 芝生にような感じなるのだそうです。家屋敷  建物は手作り(+_+)  中の調度品も手作り((+_+))   こだわって造った、、とか DIYが趣味で、、とか そういうことではなく  それを普通なこととして  単にごくごく普通の生活の一部として 自然のものから造り 生み出す・・自然の一部としての営みがあるんですね。  

少し離れたところにある、アイヌの聖地  神々が集まる山の麓に案内していただいたのですが  風が す~~っと山から湖へ吹き抜けたかと思うと 今度は湖から吹き上がるんです、、エネルギーの通り道なのでしょうか  立っているだけで心地よい光に包まれる感覚に浸ります(*^_^*)